脊柱管狭窄症について

2022年09月26日

脊柱管狭窄症


こんなお悩みでお困りではありませんか?
・長距離は休憩しながらでないとしびれて歩けない
・足へのシビレや痛みが増してきていて日常生活がつらい
・病院では手術も勧められている
・痛み止め(ロキソニンなどの)を飲んでいるが痛みが引かない
・片方もしくは両方のお尻や足が痛い
・腰痛のため足を引きずっている
・一生付き合っていくしかないと言われたが、なんとかしたい

脊柱管狭窄症はなぜ起こる?
脊柱管頸椎から腰椎までの背骨の中の神経の通り道を「脊柱管」と言います。

脊柱管狭窄症とは、この脊柱管が骨の変形やヘルニア等で狭くなり、
神経が圧迫された状態の事です。
種類は3種類ほどあります。
神経根型、馬尾型、混合型があります。

原因としては、姿勢の悪さ運動不足、運喫煙、睡眠不足があります。

脊柱管狭窄症の整形外科や一般的な整骨院の施術方法
整形外科では、レントゲンやMRIでの画像診断で、脊柱管狭窄症の診断ができます。

完治するには手術するしかないと言われるか、
湿布、痛み止め、注射をしていきますが、根本的な治療にはなりません。

一般の整骨院でも、電気療法、マッサージでの施術となりますので、
一時的に改善されても根本的なにはなりません。

りゅうた整骨院では、脊柱管狭窄症の症状改善のためにあらゆる方法で

治療を行っていきます。

関連記事